FAQ

Accordion Sample DescriptionZealupは皆様の生産性をあげるサービスです。生産性を上げる方法として様々な方法ごありますがZealupは目標管理を用います!組織/チームのメンバーが同じ方向に向かって進むことは非常に効果的な働き方です! Zealupではチームでの目標を設定し、その目標を達成するための記録を残します。記録している活動は社内で共有され、コミュニケーションの活性化にもつながります。
Accordion Sample Descriptionもちろん、個人でのご利用も可能です。個人の目標を書き留めておき、それを定期的にふりかえり目標の活動の確認や修正をするなど行うこともできます。 ただ、 Zealupのサービスとして、効果を最大限にするために、他のメンバーの方と一緒に使うことをおすすめします。それは、目標達成に向けてのコラボレーションや動についてのコミュニケーションがチームで取れて、さらなる目標達成に向けたモチベーションや原動にも繋がるからです。是非チーム・組織など同じ目標を持つメンバーと一緒に使ってください。
目標の立案などは皆さん独自でしていただく必要があります。ただどのような目標がよく使われているなど、ビックデータを活用した目標立案サポートのような機能は検討中です。 また目標立案時のポイントをこちらにまとめましたのでこちらも一緒にご参照ください。
はい、可能です。
Zealupには「活動日記」という機能があります。これには日々の記録に加え、同時に目標に対してのCheck-inをすることができます。「活動日記」もメンバーがあなたをフォローしていれば"みんなの活動"の中に表示されます。また所属チームのメンバーが「活動日記」を書くとメールで通知がされます。
「活動日記」で日々の活動チェックし、明日からの原動力にしてください。
目標の個数としては4個ないし5個まで、1つの目標に対しての達成条件は4個ないし5個と言われています。なので一度に意識する目標総数は15〜20個ぐらいまでが最大とした方がよいでしょう。もちろん、目標の個数が少ないほど、それに意識を向けることができるため達成に費やせる時間も自ずと増えることでしょう。
はじめてZealupを使うときには、なるべく個数を少なくし、目標への意識を高めることが大事です。あまりにも多いことで、どの目標を優先すれがいいのかわからなくなることもあります。そうならないようにするためにも、目標を絞るといいでしょう。
目標は具体的にすることで理解もでき、理解できることでメンバーの合意も得やすいでしょう。Zealupに適したベストな目標は、“数値として測れることができる成果目標”です。成果とは、期間終了時に得られているコト・モノです。 期待したいコト・モノです。
Zealupの目標設定期間は3ヶ月と短い期間になっています。3ヶ月間で成果を上げることをイメージし、そこに向けて力を注ぐことができる目標にしましょう。成果を定義することで、活動を修正することができるのです。
例えば、"契約を100社と行う” “会社Webの来訪者数15%アッフ” “顧客のアンケート 収集率95%”などは成果と言えるでしょう。
Zealupは、目標達成を目的としてはサービスです。目標の達成度合いを評価に使いたいということは理解できますが、いくつか注意点があります。
まず、評価ツールとして使うことで、Zealupに入力される目標が低く設定されがちになるということです。誰しも目標を達成はしたいものです。しかしその達成度合いを評価として測れる状況下にあると人は100%の値を低く設定し、達成しやすい目標にしてしまう可能性も高くなります。また、Zealupのキーコンセプトである OKRs は目標として野心的な目標にすることをすすめています。野心的なな目標はチームの団結力を強め、爆発的な生産性を生み、チームや組織の大成功へのキーにもなります。

OKRsをいち早く導入したGoogleの事例では、60%程度の達成で”目標達成”としているようです。またGoogleではOKRsのレポート結果を業績評価の参考にはしているようですが、その値をそのまま評価に直結していることはしていないようです。
タスク管理は今日、明日、1週間など直近のやるべきことを管理します。
Zealupではなぜそれらのタスクをやるのか?それらをやった後に何を得るのか?を管理します。

なぜが目標になり、何を得るのかが達成条件になります。この目標を達成するために細かなアクションがタスクとなります。
チーム目標と個人目標を連携する方法は2種類あります。 1つ目は目標の所属チームを変更することです。チーム所属していない目標は下記画像の赤枠が表示されておりません。

2つ目はチーム目標の達成条件に個人目標を追加する方法です。下記の画像の用に目標編集のポップアップから"既存目標の追加"をクリックし、メンバーと目標を選択することにより追加が可能です。
期が変わる際、Zealupでは「目標のふりかえり」を推奨しております。前期の目標を継続するのか、破棄するのかをチーム(または個人)を判断します。 右上の期の選択で選ぶことにより他の期の目標もみることができます。

これら以外でお聞きしたいことがございましたら下記のフォームよりご連絡ください。頂いた質問に関しては随時こちらのページで更新していきます。