2017年は「働き方改革」の年へ

昨今、「働き方改革」という言葉をよく耳にします。
政府は労働者人口が継続して減少している中で、長時間労働や残業などが日本人の生産性低下の原因になっていると考え、「働き方改革」に積極的な動きを見せています。

「働き方改革」は一億総活躍社会の実現に向けた最大のチャレンジ、と位置づけて様々な取り組みを進めています。

多様な働き方が増える中でチームマネージャーとしても今後、どのようにチームの生産性を上げていくかをしっかり考えることが急務であると思われます。


チームの生産性を上げるシンプルな方法

今回、チームマネージャーができる生産性を上げるシンプルな方法について紹介します。

方法1:メンバーの業務やタスクは組織の成長にフォーカスした内容に絞る

生産性が上がらない理由の一つに、メンバーが何をやっているかわからない、組織の成長に直結しないことに時間が費やされていることなどが挙げられます。
メンバーが実施している業務やタスク、ルーチンワークを一度見直して、組織の目標達成に関連しているか、そもそも無駄な作業になっていないかを判断しましょう。

ここでのポイントはメンバー自身は重要だと思って行なっている業務やタスクですので、マネージャー側で優先順位や必要不必要を判断して上げることです。
ミーティングの際には、メンバーが行なっている業務をかかっている時間とともにできるだけ細かくリストアップしてもらいましょう。
洗い出しが終わったらメンバーとマネージャーそれぞれで業務の優先順位づけをします。
優先順位づけが終わったら、お互いに確認します。

マネージャーとメンバーで優先順位づけに大きな違いがあるところに気がつくでしょう。

あとはマネージャー側で必要な業務なのか、他の人でもやれる業務じゃないのか、を検討しましょう。

業務の棚卸をすることで無駄な作業を減らすことができます。
また、そのメンバーにしかできない仕事をしてもらうことで、組織全体の生産性を上げることにつながるのです。

方法2:会議の簡略化

日常業務の中で会議が大きな割合を占めている人は多いのではないでしょうか。
この会議の進め方を見直すだけでも大幅な生産性の向上が見込めます。
・アジェンダを作って会議の目的をはっきりさせる。
・時間は30分単位で区切る。
・事前資料は先に配っておき、会議前に目を通してもらう。
・社内資料は作り込み過ぎない。
・進捗報告だけの会議はしない。
・会議で決まったタスクはちゃんと締め切りと担当まで落とし込む。

以上のように会議を実施するときのルールをしっかりと決めることで、無駄な会議を減らし生産性の高い会議を行うことができます。


終わりに

今回はチームの生産性を上げる2つの方法について紹介しました。
どちらもシンプルな方法ですので、ぜひ試してみてください。

Zealupはチームの生産性を向上させて目標達成できるチームに変えるチームマネジメントツールです。
以下のリンクから無料トライアルへの申し込みができます。
ぜひ、お申し込みください。
https://business.zealup.jp