GoogleやインテルなどのアメリカIT企業が導入するOKRとは?

目標管理、うまくいってますか? 新年度が始まり、新たな会社やチーム、組織での活動が始まった人も多いのではないなでしょうか? 組織運営で重要な「目標管理」についてうまくできていますか? このタイミングで見直してはいかかでしょうか? アメリカのIT企業では新しい目標管理手法が開発されている 目標管理はピーター・ドラッカーが提唱した「MBO」に始まり、様々な手法が企業で取り上げられてきました。 様々な手法が出てきたということは、それだけ目標管理について悩んでいる組織が多いということが言えると思います。そのような中で、企業統治の最先端をいっているアメリカでは新しい目標管理手法が、開発されています。 多くのIT企業採用している「OKR」という目標管理手法 その目標管理手法とは「OKR」という手法です。「OKR」とは「Objective and Key Resluts」の頭文字をとった略称で、組織のメンバーそれぞれの目標とその結果を明確にすることで、組織内のコミュニケーション活性化と組織の生産性向上が期待できる目標管理手法です。 元々はインテルで採用されていた手法ですが、1999年にGoogleに

もっと読む